PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆SbXzuGhlwpak[sage] 2016/09/24 19:59:22.11 ID:Pq23FA/x0

・アニメ基準

・武内Pもの

・BAD END





武内P「これは……」

武内P(CPルームに入るとソファに抱き枕が置いてありました)

武内P(いったい誰の物だろうかと近づいてみると、カバーには私の姿が……)

武内P(羞恥に染まる顔を横に向け、ネクタイがほどけかかっている状態です)

武内P(驚きは――ありません。あまりの現実離れした光景に、まるで夢でも見ているかのような感覚です)


ポフッ


武内P(……この柔らかな感触。まごうことなき枕です)

武内P(こんな異常なモノは枕などという日常の物ではなく、理解の及ばない未知の物質であった方が受け入れやすかったかもしれませんが……)

武内P(ん……? 枕から甘い匂い……これは、女性用のシャンプー?)

武内P(持ち上げてみてわかりました。これには……裏がある)

武内P(心拍数が上がったことが、胸に手をあてたわけでもないのにわかります。私以外誰もいない部屋で、時計の針と心臓の音だけが鳴り響いていく)

武内P(決意したわけではなく、わなわなとふるえる手が勝手に少しずつ枕の裏をのぞかせる。この場の異様な空気がそうさせたのか、はたまた緊張に耐えかねた心臓が命じたのか)


クルッ


武内P(そこにはシャツのボタンを全てはずし、こちらに向けて両手を伸ばす私の姿が――――)

武内P「~~~~~ッ!!?」

武内P(……気がつけば枕をソファに投げ捨て、全身から汗を噴き出しながら片膝を着いていました)

武内P(枕の裏にあるものがおぞましいものであることは覚悟していました。しかしそこにあったものは私の想像の範疇を超えて余りあるもので――――)

武内P(呼吸が何とか落ち着きハンカチで首をぬぐっていると、ある疑問が今頃になってわいてきました)

武内P「いったい誰の物……それにこの商品レベルのつくり……誰が何の目的で……私への嫌がらせぐらいにしか意味はないでしょうに」


タッタッタッタッタッ


武内P「!?」

武内P(誰かが走ってくる!? もしかすると持ち主の方でしょうか。ここは隠れて様子を――)スゥ


関連記事
2 : ◆qORzIPv9mw[sage saga] 2016/09/26 22:38:44.13 ID:4lYCBEc9O



城ヶ崎美嘉「ふぁ……」

莉嘉「あれー? お姉ちゃん、寝不足ー?」

美嘉「うーん……。ちょっと昨日は寝るの遅かったから……」

莉嘉「そういえば、ずっとなんか観てたね」

莉嘉「でも夜ふかしはお肌に悪いよー? アイドルとして、そんなことでいいのー?」

美嘉「なーに生意気なこと言ってんのよ」

美嘉「大体、誰のせいだと思って――」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/26 23:17:03.49 ID:COmojWpi0

むかしむかし、あるところに流れの早い川がありました。

幅の広い大きな川でしたが、大雨が降った日などは山からどうどうと流れる水がやってきます。

そうなると、川の水は岸をわたしている橋をくだき、ひしゃげさせながら押し流していきます。何度橋をかけなおしても同じことがくりかえされるので、人々は大変困っておりました。

橋がないと、ずっと下流へ遠回りせねば向こう岸まで行けません。橋が流されるたびに、村の者も町の者も、歩いて歩いて、やっとのことで川を渡るのでした。

すっかり弱った川岸の人々はみな寄り合って相談し、腕の立つ大工に、川の流れに負けない丈夫な橋をかけてもらうことにしました。

恵美「それはほうっておけないね。アタシにまかせておきなさい」

困り果てた人たちを思いやった大工は、彼らの頼みをこころよく引き受けたのでした。



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/26 00:08:51.86 ID:28zoD9Qao

ジュリアと千早のSSです。色々な人が出ます。

■目次
プロローグ:初恋と流星群
第一章  :ロコ、思うままに
第二章  :消えたギターと墓参り
第三章  :アイ・オブ・ザ・タイガー
第四章  :オールドホイッスル
エピローグ:アディオス


関連記事
1 : ◆dzX3.Do/lI[sage] 2016/09/26 22:45:07.78 ID:izpzl3I/o


<ユーガットメィール!!
美希「あ」パカ

美希「………むー」パタム


<ユーガットメィール!!
美希「はーい」パカ

美希「………」パタム


<ユーガットメィール!!

美希「」パカ パタム

P「……星井さん。先程から大変携帯を気にしているようですが、何かございましたか?」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/09/26 22:49:14 ID:l1BhRPyM

ーーー宿屋ーーー

勇者「そう、セックスだよセックス」

エルフ「せっくすとはなんだ?」

勇者「なんと、セックスを知らないのか?」

エルフ「浅学ですまない。せっくすとはなんなのだ?」

勇者「とっても気持ちいい事だよ。試しにやってみない?」

エルフ「そんなに気持ちいいのか。それは気になるな」

勇者「うむ。やってみようやってみよう。じゃあ服と下着を脱いでくれないか?」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/26 22:14:12.73 ID:57bWd5LG0

シンデレラジオの続編です
例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ


本編
杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第171回」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474118062/


外伝
杏「おねむトリオと回るSUSHI」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467811670/


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/26 20:16:06.75 ID:ynaXWy870


~ミサトの家~

アスカ「バカシンジィ、何してんの?」

シンジ「んー?ゲームだよ」

アスカ「あんたってゲームするんだ」

シンジ「その言い方酷くない?……..」

アスカ「で、何のゲームしてんの?」

シンジ「ウイニングイレブンっていうゲーム」



関連記事
1 : ◆ag9TZfREZs[saga] 2016/09/26 21:20:21.87 ID:ylko+jRo0

設定大改装注意
キャラ崩壊注意
※草は笑いの度合いを意味します





凛「何て?」

加蓮「北条加蓮という人は、どこにも存在しないの」

奈緒「いや、加蓮はそこに座ってるじゃん」

加蓮「ううん……私は、本当は加蓮じゃないんだ」

凛「……あ、もしかして、芸名?」

加蓮「名前もだけど、加蓮という人間も」

奈緒「どういうことだ?」

加蓮「凛も奈緒も、ナチュラルだよね?」

奈緒「うん、そうだよ」

凛「このままで活躍したかったからね」

加蓮「私の場合、家の都合で顔出し厳禁でさ……」

加蓮「だから化粧とかで、元の自分を隠してたの」

凛「……」

奈緒「……」









凛「……えっ、加蓮ってキャラ作ってたの?!」

奈緒「えぇえぇぇぇえぇぇ!?!?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/10 09:04:23.01 ID:EsKmiBeI0


とある歌番組収録スタジオ。


番組スタッフ「はい!これで今回の収録は終了です。お疲れ様でしたー!!」



千早「ありがとうございました」ぺこり




――――

ステージ裏。

P「お疲れさま。千早」

千早「お疲れ様です……プロデューサー」ぺこり

P(ん?)

千早「?どうされました?プロデューサー」

P「いや…何でもない。思ったより収録がちょっと長くなってしまったな。遅くなってしまったし、さっさと帰ろうか」


千早「はい……」

 
 


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/24 16:48:20.30 ID:IcHc3lnV0

みさえ「しんのすけー、今日はパパが出張から帰ってくるわよ」


しんのすけ「おおー、やっとかー。オラもう待ちくたびれたゾ」


しんのすけ「とーちゃんお土産買ってくるかな?」


みさえ「たしか牛タンの味噌漬けがおいしいって電話してきたわねぇ」


しんのすけ「そういえばとーちゃんってどこに徴収しに行ったの?」


みさえ「徴収じゃなくって出張よ。あんた昨日も同じこと聞いたでしょ」


みさえ「パパが行ったのはたしか......そう」


みさえ「M県S市杜王町よ」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/22 04:11:11.14 ID:UkjhepBO0

真美「今、部屋には真美一人でごぜーます」

真美「とても暇です」

真美「なので→皆にメールでも送ろうと思いま→す」

真美「んっふっふ~♪」


>>3
内容>>5



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/26 00:06:13.31 ID:kjy7SmXK0


--事務所--


P「ああ」

P「【流星群】をリリースしてからもうすぐ1年だし、そろそろジュリアの2つ目のソロ曲を出したいと思う」

??「そろそろソロ...ふふっ」

P「だれだいまの」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/25 21:07:11.73 ID:S37QjwcDO

男「千年に一人の美少女?」-SS速報VIP
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474115513/
の続きです

登場人物紹介



主人公、常軌を逸したマザコン

美少女

ヒロイン、想像を絶する美少女



自称親友、ほどよく変態

美少年

美少女の弟、言葉にならない美少年

ママ

真のヒロイン、筆舌に尽くしがたいビッチ


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/09/25 23:39:05.63 ID:3r73VdwH0


【モバP「来月はジューンブライドなんて呼ばれてますね!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464030029/】


P「だから俺は! 幼女達の弟になるんだぁーーッ! うわあああぁぁああああ!!!」

美優「い、生きてたんですね……」

P「母の暖かさも捨てがたい……。だけど!」

P「姉弟という近しい間柄だからこそ! 芽生えるものもあるはずなんだ!」

心「生やすな☆」

P「ひいっ!? 理想の姉像をぶち壊すキッツいキャラを無理に演じてるリアルの姉だ!」

心「よっちゃんはそこまで言わねーよ!!」

留美「親には言われてるのかしら……」ヒソヒソ

美優「かもしれませんね……」ヒソヒソ

P「ともかく! 俺は子供達の弟になるんだぁー! うわああああぁぁあああぁぁぁぁ!!」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/09/23 00:59:52.92 ID:9wVQo2V30

タイトル通りです
登場人物は提督と叢雲のみ
3回安価をこなしたらなんやかやで嵐は過ぎ去り夜が明けて終わります




似たようなスレが過去にもありました (ありすぎでは?)

提督「嵐の山荘で」初月「二人きり、か」提督・初月(……>>安価でもするか)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474029491/

提督「嵐の山荘で」不知火「二人きりですか。では安価ですね」提督「なぜ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474261777/

提督「嵐の山荘で」吹雪「ふ、二人きり、です……」提督「じゃあ、安価でも」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474341253/




 窓の外は激しい雷雨。

提督「これはないだろ」

叢雲「ほんと、ありえないわよ」

 秘書艦の叢雲と俺は、二人で小雨の降る山を登り、一軒の山荘に来ていた。で、着いて1時間ほどで山は恐るべき嵐に巻き込まれてしまったわけだ。
 まあ、さすがにこの建物が崩れたりはしないだろうが、俺たちが今から山を降りることも、この後に到着予定だった艦娘たちが、嵐が止む前にここに来ることもできないだろう。

提督「どうしようか」

叢雲「知らない。ここで待ってる以外に案でもあるの?」

提督「……まあ、そうだな」

 俺は少しだけ息をつく。
 ここで過ごすことに問題があるわけじゃない。電気もあれば水もあり、食べるものもあるし料理だってできる。
 問題は、ここには俺と叢雲しかいないことだ。

 なんか緊張する。

叢雲「ねえ」

提督「なんだ」

叢雲「突っ立ってないで、何かしたら?」

提督「何かって?」

叢雲「そうね。じゃあ……」

>>2


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2016/09/25 23:30:50.40 ID:A7Id/2Xm0


―――1日目

 のどかな初夏の公園。

 緑の葉を青々と茂らせたイチョウの木々が敷地内を隠すように並び立っている。
 遊具は狭い砂場と錆の色が目立つブランコのみ。ひとけもなくひっそりとしたこの場所は、都会の中の隠れた秘境のようだった。

 その入口から少女がひとり入ってきた。足元には纏いつくようにして歩く黒猫が伴われている。
 少女は辺りをゆっくり見回して人がいないことを確認すると、猫と共にベンチに向かい、ちょこんと腰掛けた。

 静寂の中に流れ出すハーモニカの音。
 二音が混じり、細く小さく、たびたび途切れる拙い音。

 演奏が止まる。
 はあ、と、これまた小さな溜め息が落ちた。



※ウルトラマンオーブ×シンデレラガールのSSです

※オーブの世界に346プロがあるという設定です

※時系列的には、6話「入らずの森」と9話「ニセモノのブルース」の間という設定です

※雪美ちゃんは[マーチング☆メロディー]の際の設定と似ていますが、背景的には別という設定です
(同じにするとキャラの心情的に無理が生じてしまうという感じです)

※主な登場アイドル
佐城雪美(10) 佐々木千枝(11) 橘ありす(12)

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira120731.png



関連記事
1 : ◆6QdCQg5S.DlH[saga sage] 2016/09/25 23:28:00.67 ID:TbFOIgDP0

前の
まゆ「一目惚れ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467820704/

寺生まれのPさんとか、ふじともとか、妖怪みくにゃんとか、猫語を学んだ茄子さんとか出ます


関連記事
2 : ◆i/Ay6sgovU[saga] 2016/09/25 23:19:14.12 ID:Na62B/fJ0


--------------------事務所--------------------

ガチャ
本田未央「おはよー……、最近は雨ばっかりでイヤだねー……」

渋谷凛「はい、そうですね、前のバッターの美城さんが繋いでくれたんでね、はい、自分も繋ぐバッティングを心がけて……。それが良い結果になってくれましたね」

未央「どうしたの」

凛「はい、そうですね、相手の本田選手もいいピッチャーなので、振り負けないように全力で、はい、その結果だと思います」

未央「あ、打たれたの私なんだ?」

凛「あれじゃ正直2軍レベルですね(笑)」

未央「おい! 敬意を持ってよ!!!」

凛「はい、私の後ろを打つ島村選手も、今日は4安打16打点と当たってましたし、自分がダメでも……という気持ちでしたね」

未央「グランドスラム4連発!? なんでインタビュー呼ばれてないの!?」

凛「……そうですね、病気で療養中の北条監督と、服役中の神谷コーチにも……、良い知らせを……したかったので」

未央「チーム事情がろくでもないな! かみやん服役中!?」

凛「まさか……、あの眉毛が……、銃刀法違反になるとは……」

未央「眉毛は銃にも刀にもカテゴライズされないから!!!」



関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP